• 00_メイン
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

『越谷“素”小説』

creative × design × editing

year
2018
client
越谷市、株式会社ポニーキャニオン
credit
Planning:鈴木聡(東京ピストル)
Editing:鈴木聡、大沢景(東京ピストル)
Design:吉良伊都子(東京ピストル)

埼玉県越谷市の新たなPRツールとして、越谷市民14人が執筆した私小説集『越谷“素”小説』の企画と編集・制作を東京ピストルが担当しました。
 
小説集『越谷“素”小説 ほどよい街に暮らす、“私のささやかなしあわせ”14話』は、文庫判168ページで、限定500部の発行。様々な世代・職業の小説“素人”の14人が、越谷で過ごすそれぞれの日常や思い出などを、私小説として執筆。越谷に縁のある人に共感を呼ぶと共に、“特別なものはないけど、ささやかなしあわせがある”越谷の“素”の魅力が伝わる一冊となっています。本作品は、越谷市のイベントなどで配布するほか、越谷の公立施設やwebサイトでご覧いただけます。
 
あわせて作品を元に、執筆者たちが歌うプロモーション・ムービーも作成(Movie Production:4-3-3 Inc. Movie Direction:くろやなぎてっぺい)。こちらは越谷市HPのほか、YouTubeなどで展開予定です。
 
プロジェクト詳細とプロモーション・ムービーは、下記HPからご覧いただけます。
 
シティプロモーションサイト「越谷ってこんなとこ! 越谷市公式ホームページ」
https://www.city.koshigaya.saitama.jp/citypromotion/toshiimage/sushosetsu/susyousetupv.html