• 1
  • 2
  • 4

トーク・アバウト・シネマ—「特撮・CG・VFX」から語る映像表現と仕事論

creative × design × editing

year
2017
client
株式会社シネボーイ

Amazon

PAPER PAPER

株式会社シネボーイ

フィルムアート社

株式会社シネボーイの出版レーベル『PAPER PAPER』(ペーパーペーパー)の第1弾企画、『トーク・アバウト・シネマ—「特撮・CG・VFX」から語る映像表現と仕事論』の編集と、デザイン・ディレクションを東京ピストルが担当させていただきました。2017年4月1日(土)にフィルムアート社から発売されます。Amazonより予約注文が可能です。ぜひご覧ください。

 

−書籍概要—

画を動かす仕事、人を動かす仕事、心を動かす仕事。
奇跡を待つより軌跡に学べ。

特技監督やCGプロデューサー、ディレクターなど映像を愛した男たち12人が語る、インタビュー・対談集。クリエイターを目指す学生、現役で活躍する映像業界人、そして、シネマファンに贈る、仕事論から制作秘話まで。

※本書は、株式会社シネボーイの出版レーベル『PAPER PAPER』(ペーパーペーパー)の第1弾企画となります。

 

書籍名:トーク・アバウト・シネマ—「特撮・CG・VFX」から語る映像表現と仕事論
著者:西川タイジ(シネボーイ)
インタビュアー:北條則明(シネボーイ代表取締役)
編集:中澤豪助(東京ピストル)、宮崎大(東京ピストル)
デザイン:吉田朋史(9P)、村田佳祐(9P)
宣伝:近成カズキ(シネボーイ)
発売日:2017年4月1日(土)
発売元:フィルムアート社
価格:¥1,200+税
ISBN-10:4845916347
ISBN-13:978-4845916344